Profile

飯田忠司(いいだ ただし)
生年月日: 1976年12月24日
 

 

<主な成績>

00年、01年 ロングディスタンス日本選手権     5位

05年    IRONMAN・KOREA               6位 (日本人1位)

09年    全日本トライアスロン皆生大会            3位

09年    佐渡国際トライアスロンAタイプ          4位

11年    全日本トライアスロン宮古島大会       11位 

      東京都トライアスロン選手権                  7位

          佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ  優勝 

12年    佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ   2位 

       IRONMAN70.3台湾                                          10位

13年    IRONMAN70.3セントレア知多常滑       9位

      五島長崎国際トライアスロン        2位(エリートの部)

 

 <役職>

*埼玉県トライアスロン連合 理事 

*JTU(日本トライアスロン連合)指導者養成委員

 

<資格>

*ITU(国際トライアスロン連合)Level2 coach

*JTU(日本トライアスロン連合)公認 中級指導者

*日本体育協会公認 スポーツ指導員(トライアスロン)

 

 <主な指導歴>

*SUNNY FISH金町ヘッドコーチ(2007年~2013年3月)

*ルミナクラブ コーチ(~2014年)

*希望郷いわて国体 トライアスロン競技 成年女子埼玉県代表監督(2016年)

 

 

 

小学校1年から高校3年までは剣道に打ち込む。

東海大学入学後、いくつかの候補の中から、先輩達のオープンな雰囲気に惹かれてトライアスロンサークル「東海大学BOMBERS」 に入会。

始めた当初は、走れば30分ほどで歩き、100m以上は泳いだ事がないし、自転車は持っていないから乗れないという状態だったが、3年時に学生選手権に出場。
 

 卒業旅行のつもりで大学の仲間と出場したアイアンマン・ニュージーランドで運良くアイアンマン・ハワイの権利を獲得。

翌年初出場したロングディスタンス日本選手権佐渡大会で5位入賞。

2005年IRONMAN KOREAで総合6位(日本人1位) 

2011年国内最長距離の大会「佐渡国際トライアスロンAタイプ」でメジャー大会初優勝。 

 

現在もロングディスタンスを中心に競技活動を続け、並行してトライアスロンスクール「I-STORM」を主宰し

初心者からエリートまで幅広いレベル、年齢のトライアスリートの指導も行い、

JTU(日本トライアスロン連合)指導者養成委員、埼玉県トライアスロン連合理事として、

日本のトライアスロン普及にも関わっている。

 大学卒業旅行として出場したアイアンマンNZで、運良くロングディスタンスの最高峰の世界大会、アイアンマン・ハワイの出場権利を獲得し、「飯田くんは絶対ロング向きだよ



Copylight (C) 2007-2017 Iida Tadashi  ALL Rights Reserved